【おすすめ美術館1】写実絵画の『ホキ美術館』!!自然とアートを楽しめる!

最終更新日

Comments: 0

こんにちは!ふむです!本日も「humuhumuBlog~ふむふむブログ~」をご覧頂きありがとうございます。
私が建築学科に入るきっかけになった美術館!!特殊な見た目ももちろんすごいですが、内部を歩いていても楽しい!展示してある写実絵画はまるで写真のようです。超おすすめなのでその魅力を伝えたいです!

概要

ホキ美術館は千葉市緑区あすみが丘東にある写実絵画のための美術館です。2010年11月3日に開館した比較的新しいめ美術館です。日本初の写実絵画専門美術館で、館長の保木将夫が集めた日本人作家の作品が保管されています。千葉県最大級の自然公園「昭和の森」が敷地のすぐ横にあり、豊かな自然を感じながらアートを楽しめます。

3つの魅力

 1.見る位置によって全く異なる外観

外観写真1

写真はそれぞれ「駐車場側、昭和の森側、住宅街側から」見た写真です。ホキ美術館の外観は、それぞれの場所で見比べると、全く別の建物のように見えます!住宅街から見ると、張り出している部分少なく、高さも周囲の住宅程度となってます。このおかげか、比較的周囲に溶け込んでいるように見えます!

駐車場側から見れば、違う大きさの四角い箱が組み合わさった小さな建物にも見えます。ガラス越しに中の様子が見れます。窓から絵画が見えると、気になってついつい入りたくなってしまいます!設計者もおそらく『興味を持ち入り口に向かう動機付け』を意図したのかな〜なんて。私はこの駐車場からの見た目がかなり好きです!このこじんまりとした感じの中に潜むかっこよさがたまらんのです。

昭和の森側からは30mほど張り出したギャラリーが目に入ります。「あれは一体?」という驚きを見ている人に与える。突出したギャラリーは公園側に伸びており、そこからガラス越しにレトラン、カフェ、絵画のギャラリーも見え、ホキ美術館の構成が分かるようになっています。木々の中にいきなり建築が現れる事で人々の興味を引きつけようとしているように見えますね!

また、RC 造にも関わらず、この部分が浮いている事で自然のような清々しい見た目の建築と化しているようも思えます。昭和の森を訪れ偶然ホキ美術館の近くを通った人々に対して「ここはどんなところだろう?」と足を向けたくなるような計画です。

 2.8つの展示場

ホキ美術館にはギャラリー1~ギャラリー8がある。写真もぜひ載せたい!と思ってはいるが館内は撮影禁止のため参考にスケッチや他の記事を載せておきます。

管理人がラフに書いた図面とスケッチです
https://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00420/

それぞれのギャラリーごとに背景の色や照明の光が異なります。こればかりは実際に見てみないとわかりませんが、とにかくすごかったです!

 3.飽きない空間

私が伝えたい最大の魅力です!

ホキ美術館を構成するチューブの緩やかな湾曲は外部だけでなく内部空間にも影響を与えています。この滑らかな曲線により天井の高さや回廊の幅が変化しており、同じ展示室でも歩くたびに刻々と空間が変化していきました!この空間の変化のおかげで、絵画がそんなに好きじゃない訪問者にとっても飽きずに気分良く足を進め鑑賞する事ができるようにしていると思います!(実際私がそれです。)また、各ギャラリーともに湾曲している事により先の見通せなさや場所が存在し、同じギャラリー内でも変化する空間がまるで自然の中(昭和の森)を散歩しているようでした!

微妙なポイント

疲れる。真剣にホキ美術館の中を散策するとシンプルに疲れます。

バリアフリーで段差も傾斜もほとんどないた め歩きやすいのは事実なのだが、歩く距離が非常に長いです。それに加えて、歩く距離が長いのに足を休める事ができる場所が圧倒的に少ないです。館内に併設されているレストランはそもそも入り口にあるし、B1Fにあるカ フェも追加でお金をかけないと利用できない。そのため館内で鑑賞中に足やすめが出来るところはB1Fギャラ リー2の中央に並んでいる丸いクッションのようなベンチしか無いです(図面の中のスケッチbです)。また、左右に長い建築かつ1本道 であるためエレベーターまで遠いです。当時18歳である私でさえも疲れたことから、この美術館を年寄りや足に障害がある方を歩かせるのは結構酷だな〜と感じました。実際、鑑賞中に疲れてギャラリー2の椅子に常駐する老人や鑑賞後に疲れていそうな方見受けられました。

今日のまとめ

それでもいく価値はあるし、楽しい美術館であるため、建築や写実絵画に興味がない人でも是非行ってみてください!

最寄り駅はJR千葉駅から外房線で5駅のJR土気駅です!そこからバスで20分くらいだったかな?決して東京から近い距離ではないですが、遠すぎるわけでも無いので緊急事態宣言が解除されたらぜひ行ってみてください!

https://www.hoki-museum.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする