XC15-45mmF3.5-5.6の良さを見つめ直してみる。

最終更新日

Comments: 0

こんにちはふむです!本日もふログをご覧いただきありがとうございます!
以前の記事「単焦点レンズが欲しいです1」で悩み悩んで「XF35mmF1.4R」を購入して以来、出番が少なくなってしまった「XC15-45mmF3.5-5.6」。

せっかく持っているのに使わないのはもったい何ので使い所を考えてみます。

「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」の概要

「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」は軽量コンパクトで、エントリーモデルの「X-A7」「X-T200」ミドルレンジモデルの「X-E4」「X-S10」のキットレンズとして付属している標準ズームレンズです。単体価格は約2万円、キットレンズとして購入すれば約1万円で手頃な価格で手に入れることが可能です。

そんな「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」ですが、単焦点レンズ「Xf35mm F1.4 R」を購入してから全くと言って良いほど使わなくなってしまったので、今回改めてこのレンズの良さをまとめてみました。

 メリット:圧倒的に軽くて、写りも悪くない

このレンズの性能は以下です。

  • 非球面レンズ 3枚 & EDレンズ 2枚を含む 9群10枚のレンズ構成
  • 35mm判換算で23mm~69mmの焦点距離をカバー
  • 重さは135gでものすごく軽いレンズ!iPhone6くらいの重さです。
  • 電源OFFでは全長 44.2mmで持ち運びもラクラク
  • 広角側で5cmまでの接写が可能
  • 型番にOIS = 3.0段分の光学式手振れ補正機能
  • AFも早い
  • 実売価格2万、キットレンズとしては1万(2021/2/18時点)

となかなか使いやすいポイントが多いです。さすがはキットレンズ!

広角側が35mm換算で23mmなのも自撮りとかするときはかなり便利です。自撮りで自身と風景を納めるのにぴったりの広角端でした。

また、換算23mmまで画角を広げられるので、わざわざ広角レンズを買わずに広角側はこのレンズでカバーしようと思えばできてしまうような気もします。広角で撮りたいものの場合、F値が高い暗いレンズでも問題無いですし。他の広角レンズは単焦点もズームレンズもお値段が高いので、こいつで耐えたい!物欲を抑えなきゃ!と思えるのもメリットかな?と思います。

「XF35mm F1.4R」を購入してからは彼女とのツーショットが皆無になってしまったため、「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」を使おうかな〜と思ったりもします。けどポートレート撮影を筆頭に「XF35mm F1.4R」の方が写りはいいので「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」を持ち運ぶのがめんどくさくなってしまうんですよね。

軽いから持ち運べよって話なのですが、デートは極力身軽でいきたいんですよね…

いっその事、思い切って「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」だけで出歩いてみないとこのレンズの良さと真剣に向き合えなさそうなので近いうちに出かけたいな〜と思ってます。

 デメリット:XF35mmF1.4と比べると…

所有レンズが「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」だけだった頃は全く気になりませんでしたが、XFレンズを手にしてからは以下の点をデメリットとして感じるようになってしまいました。

  • プラスチック外装で安っぽい
  • マウントもプラスチック→数年後、プラスチックが経年劣化でもげないか怖い
  • 若干バッテリー持ちが悪くなる気がする
  • F3.5-5.6と暗い
  • ボケ感を出しにくい
  • 夜景撮影に弱い

プラスチック外装な点はXFレンズの金属外装と比較するとダサイっちゃダサイけど、その分軽いから良いかと妥協できます。何より、最初のレンズだから気に入ってるという理由もありますが。

暗かったり、ボケ感を出しにくいところはキットレンズのお手軽で手頃なズームレンズだし、他者と比較してもまあ妥当かなと思うからそこまで大きな旨んでは無いです。ただ、手ぶれ補正がついているとはいえ、元々が暗いレンズなため、夜景を撮るのには苦労するなと言った印象でした。

何よりも気になり出してしまったのがバッテリーも持ちです。「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」はPZ(Power Zoom),すなわち電動ズームレンズです。電動でズームするのに少なからず電気を使っているからか、「XF35mm F1.4 R」と比較するとバッテリーの減りが早いなと感じるようになりました。

今日のまとめ

やはり、「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」は望遠よりも明るさがまだマシな、広角端での風景撮影や自撮りに最適なのか。と特徴をまとめていて改めて感じました。

「XF35mm F1.4 R」で持ち出して撮影したい欲を抑えて、このズームレンズでもまだまだ撮影したいです。

そのうち「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」と「XF35mm F1.4 R」を同じ焦点距離で比較してみたいな〜ともおまってます。

私の愛機兼おすすめカメラ:FUJIFILM X-A7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする