【Diary4】就活帰りに東京駅で写真撮ってきました【FUJIFILM X-A7】

最終更新日

Comments: 0

こんにちは!ふむです!本日もふログをご覧頂きありがとうございます。
先日、2/26に就活帰りに東京駅周辺でお写ん歩してきました。XC15-45mmで久々にたくさん撮ってきたので、記録しておこうと思います。

使用機材

この日ももちろん愛機の「FUJIFILM X-A7」で撮影しました。荷物を極限まで軽くしたかったので今回は「XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ」を持っていきました。

場所

場所はJR東京駅とそのすぐ近くにあるkitte、東京国際フォーラムの写真です。

 1.東京駅

クラシッククローム

地面のタイルが雪のようです。地面スレスレのローアングルで撮影してみました。FUJIFILM X-A7ならこのような構図でもバリアングル液晶なため、這いつくばらずに取れてしまうのは良いポイントです!

ただ、バリアングルだと軸と若干ずれてしまうやりづらさはあります。

XC15-45mmの広角端で撮影しました。JPEG撮って出しのため、広角レンズの特徴的な歪みはなさそうです。相変わらずいい発色だな〜

東京駅のドーム部分を見上げて撮影してみました。身長170cmの男性が立ったまま撮影しても、かなりの範囲を映してくれたいます。

15mm(換算22.5mm)広すぎ。iPhoneの広角カメラはフルサイズ換算で26mmなので、それよりも広く撮影することが可能です。(超広角よりは狭いです)

広角レンズってどれも高いものばかりだから、XC15-45mmは気軽に広角を楽しめるお得なレンズなんだな〜

みなさん東京駅の丸の内側にはこんな感じのちょっと変わった見た目のビルを見かけませんか?

これは「小さなビルの内側を削って大きなビルを上まで建てたから」

このような特殊な見た目のビルができたのは1971年に建築基準法が改正されたからだそうです。ビルの様子が変わるのは約31mmくらいで1970年以前の高層ビルの外形が今も残っているようです。

パートカラーで撮った写真。へたっぴですね…

KITTE丸の内

せっかくなのでKITTE丸の内でも撮影してきました。おそらくど定番の場所です。

こうしてみると蜂の巣みたいですよね…綺麗っていう人とキモいっていう人がいそうな感じです

KITTE丸の内で撮影した後はそのまま東京国際フォーラムに向かいました。

東京国際フォーラム

手すりが反射していたのでかなり未来ちっくに撮れたのではないでしょうか。持っていったのでXC15-45mmだったからこそ壮大に移すことができました!

ちなみに東京国際ファオーラムの構造は主に両端の柱2本だけで支えているみたいですよ。

WB(ホワイトバランス)で遊んでみました。同じフィルムシュミレーションでも全く違う印象になりますね。

今日のまとめ

撮り方次第だなと思う今日この頃。

XC15-45mmの写りは単焦点レンズを経験してしまってからは正直感動するほではないとは思っていました。

しかし、撮り方とか構図が重要だなと改めて感じました。広角端難しいけど練習してみます!

みなさんはどんな事意識して練習してましたか??

私の愛機兼おすすめカメラ:FUJIFILM X-A7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする