iPhone11のバッテリーバグでApple Storeに行った話

最終更新日

Comments: 0

Luminar AI 簡単に写真の編集が便利でおすすめですよ!

こんにちはふむです!本日もふログをご覧いただきありがとうございます!
今回はiPhone11に「バッテリーに関する重要なメッセージ」が突如表示されたため、Apple Storeでみてもらった話です

生じているバグ

4/2(金)の朝(このブログを書いている日)にiPhone11を再起動したら突如このような通知が表示されてしまいました。

iPhone11のスクショ

開くのは怖いですが、確認せずにいきなりiPhone11が付かなくなるのは困るのでシステム環境設定を除いてみるとこのような表示に!本来であればバッテリーの最大容量やピークパフォーマンス性能が表示されるページですが、うまくデータが表示されてくれません。

Apple製のバッテリーじゃないとか言われて意味がわからない。という状況でした。

iPhone11のスクショ

とりあえずApple Storeに行くことにしました

怖いのでバイトの帰り道にApple Store丸の内に行くことに決めました。

Apple Storeは現在某ウイルスの感染拡大防止のため来店予約が必要です。予約はApple純正の「Appleサポート」のアプリから行えますよ!

幸いにもAppleが新製品を発表しなかったおかげで、当日予約も可能でした!私の場合予約の1時間後にはにゅうてmmする事ができました!

話を聞いてみて

まず、本来「バッテリーに関する重要なメッセージ」はiPhoneのバッテリー交換が必要になるレベルまで落ち込んだら表示されるようです。

その上で、今回の「バッテリーに関する重要なメッセージ」の表示はiPhone11シリーズのバグのようです。ios14.4ではOSのバグで一部のiPhone11で突如このようなバグが起こってしまっているとのことでした。実際この内容で来店してる人や店員さんの中でもこのバグが生じてしまっているようでした。

解決にはios14.5のリリースを待つしかないようです。

毎回、通知に「バッテリーに関する重要なメッセージ」が表示されてしまうため早く治って欲しいです。

私の愛機兼おすすめカメラ:FUJIFILM X-A7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする