[FUJIFILM X-A7]軽くて愛着のわく相棒です!でも気になることも…

最終更新日

Comments: 0

FUJIFILM X-A7は私の初ミラーレス一眼カメラです!!ネットで検索してもレビューしてる人が少ないのでその良さを伝えたいです!!

5つの魅力

 1.操作が簡単!!

3.5インチのタッチディスプレイを搭載しています。そのため小難しい設定も直感的にできてしまいます!

初めてのミラーレス、初めてのFUJIFILMの私にとっては非常に扱いやすかったです!

 2.持ち運びが苦になら無い

・X-A7 ボディ約320g+付属レンズ(XC15~35mm)135gです!!大体iPad Proと同じ程度の重さのため気軽に持ち運びする事ができました。

買った当初は「持ち運びしなくなったらどうしよう」という不安もありましたが、軽くて綺麗な写真が撮れるのでいつでもどこでも持ち運びたくなります!!

 3.愛着が湧く

ほんとにかっこいいし、かわいいのです!いじれば弄るほど益々愛着が湧いていきました。。まず感じるのはモノとして愛着を持てそうだということ。個人的にはこれが一番大事。徹頭徹尾、大事なことだと思います。

「眺めててうっとりするようなデザイン!」と感じ無い人も勿論いるとは思いますが、大半の人には刺さるような、愛着のわくデザインがされていると感じました!!

 4.USB-Cでの給電,データ転送

FUJIFILM X-A7はUSB-C端子を搭載しており、充電もデータも全てUSB-Cケーブルを使って行う事ができます。

昔のカメラと違っていちいちSDカードやバッテリーを取り出さなくても充電、データ転送ができてしまう事に感動です!!

ちなみに、私は過去にデジカメ離れしてスマホカメラ一筋にすると決めた時があったのですが、その原因がデータ転送と充電が面倒だったためです。

エントリーモデルのミラーレス一眼カメラでもこれができてしまう事に感動です!!もし、過去の私のような理由でカメラに手を出していない人がいらしたら、FUJIFILM X-A7をお勧めします!!

USB-C端子とはMacbookやiPadPro,iPad Air4,ミドルレンジ以上のアンドロイドスマホに搭載されている端子です。

 5.綺麗な写真が撮れる

当たり前ですが、コンデジやスマホよりもセンサーもレンズもいいので当然綺麗な写真ができます。

FUJIFILM X-A7はFUJIFILM特有のX-Trans CMOSセンサーではなく、一般的なCMOSセンサー(ベイヤーセンサー)となっております。そのため、発色が若干異なるようですが、それでもものすごい綺麗です!!さすがフィルムを長年手がけていた企業です!!

作例(全部とって出しです。)

気になるところ

 1.使用と充電を両立でき無い。

FUJIFILM X-A7は電源をオフにしている時にしか充電ができません!モバイルバッテリーで充電できる強みがありますが、スマホと異なり充電中には使えない所が少々扱いづらいです。

スマホのように母使えることを謳っているのだから充電しながら使わせてくれよと思わなくも無いです。

 2.USB-Cの規格

USB-Cの規格はなんとビックリUSB2.0です。そのため大容量のデータを転送するのは若干もたつきます。

これはまだマシなのですが、もっと気になることはUSB-CでのPower deliveryに対応して無い事です。Power delivery=急速充電なので充電時間はものすごくかかってしまします。

充電中に使用もでき無いので1度バッテリーが切れてしまったら撮影チャンスを逃しがちにも繋がってしまいます。

今日のまとめ

写真の写りや持ち運びやすさ、操作性に関しては全く問題がない、むしろかなり良いと思います。気になるポイントは充電周りくらいです!

私のようなミラーレス一眼初心者でも簡単に扱う事ができたのでスマホからスッテプアップしたい方や初心者の方は買っても後悔はし無い良いカメラですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする