東京・亀戸にある船橋屋で絶品「くず餅」を食べる

最終更新日

Comments: 0

こんにちは!ふむです!本日も「humuhumuBlog~ふむふむブログ~」をご覧頂きありがとうございます。
先日、散歩で亀戸天神にいったついでにくず餅を食べてきました。とてもプルプルで、おいしかったので今回はそのお店の紹介です。

船橋屋 亀戸天神前本店 とは

船橋屋は東京の下町情緒が色濃く残る江東区亀戸三丁目、亀戸天神のすぐ側にあります。亀戸天神はJR錦糸町駅とJR亀戸駅のちょうど真ん中らへんに位置しているので徒歩で15分くらいのところです!

船橋屋は、江戸時代の1805年、十一代将軍徳川家斉の頃に創業されたようで今年で216年の老舗のようです。このお店からくず餅が発祥したようで、レビューを見ると「いつまでも変わらないでいて欲しい老舗の味」のくず餅を楽しめみたいですよ!

FUJIFILM X-E4, XF 35mm F1.4 R,Classic Chrome

船橋屋の看板は、有名な吉川英治さんが書いたものみたいです!黒がカッコよい看板でした。

お目当てのくず餅

FUJIFILM X-E4, XF 35mm F1.4 R,Classic Chrome

お目当てのくず餅は700円くらいでした。

こちらのくず餅は説明が難しいですがもっちりして弾力のある独特な食感!この感じは今まで食べてきたくず餅とは全然違くて衝撃でした。いわゆるモチモチしている餅とも言えないけど、プルプルした羊羹というわけでもない〜不思議な食べ物でした。
黒蜜ときな粉でいただくので、わらび餅に味は近いけど、わらび餅ともまた違う食感。表現が難しい!大人のスイーツって感じの食感と味でした!

今日のまとめ

江戸時代の人々と同じような味を共有できる事は感慨深いものがあります。そんなことを考えながら、これぞ老舗の醍醐味って感じでした。

ただ美味しいだけでなく、伝統ある葛餅を食べるのは経験としても良いと思うのでぜひ食べに行ってみてください!

私の愛機兼おすすめカメラ:FUJIFILM X-E4 元愛機:FUJIFILM X-A7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする