1/20はFUJIFILM生誕祭!本当に出会えてよかった!

こんにちは!本日も「humuhumuBlog~ふむふむブログ~」をご覧頂きありがとうございます。

今日は恒例の「#FUJIFILM生誕祭」みたいです!つまり1/20は富士フイルム社の創業記念日ということ、しかも今年はXシリーズが10周年を迎える節目でもあるみたいです。
Twitterを見るとハッシュタグイベントが盛り上がっています。

今回の記事はまだまだカメラ初心者な私ですが、感謝も込めて富士フイルムのカメラと出会って変わったことについてまとめ目みます!

気に入ってるとこ

1.気軽に持ち出したくなるデザイン

カメラを始めて1年ちょっとの私ですが、富士フイルムのカメラを購入するまでは元々Sonyのカメラで迷っていたのですが、正直持ち出さなくなるのが不安でなかなか」購入に踏み切れませんでした。

でも、富士フイルムのカメラをたまたま見かけて、カメラとしての機能だけでなく見た目もレトロでおしゃれなところに一目惚れして購入に至りました。

今でもその判断で良かったと思ってます!ただ画質が良いだけじゃ重くて持ち出さなくなっていたと思いますが、見た目のおしゃれさもあってどんな時もカバンの中に入れて持ち歩きたくなります。

2.出かけるのが今までよりも楽しく!

旅行とか散歩、バイトに行くにしても、「写真を撮る」っていう 付加価値 が付いたことで以前よりも、出かけるのが本当に楽しくなりました。今まで気にもしてこなかった街並みに興味を持ったり、一緒にいる人の表情や周囲の雰囲気を鮮明に記憶できます。

楽しめる要素が一つ増えるだけで自分が思っていた以上にがお出かけが楽しくなりました!今では写真を撮ることを目的に出かけることもかなり増ました。コロナが始まってからかなり減少し、億劫に感じていたていた外出の頻度が富士フイルムのカメラのおかげで戻った気がします。

もちろん、綺麗な画質で写真を取れることも楽しいですし、おしゃれなカメラを持って出かけて写真を撮ることでどこか心に余裕が産まれくる感じがします!そんな生活に溶け込んでくれるカメラを作ってくれた富士フイルムに感謝です!

3.フィルムシュミレーションの色味

鮮やかで、はっきりしていて、スッキリ抜けが良いフィルムシュミレーションやフィルムの乾いた質感を体験できるものなど富士フイルムでしか体験できない色味がたまらないです。これだけで富士を買って良かったと思えます。

カメラを持ち出すのが楽しい事に加えて、カメラ1つだけで色味などを模索でき、絵作りを完結簡できます。フィルムシュミレーションのおかげでカメラで撮る事を純粋に楽しめてます!

Rawでとっても撮らなくても良い所が楽ですしね!面倒くさがりの私なので富士フイルムのカメラじゃなかったら間違いなくカメラにはまってなかっただろうなとすら思います。

まとめ

かなり稚拙な内容ですが富士フイルムのカメラが好きな理由をまとめてみました!

今年はどんなカメラレンズが出るのかな〜とワクワクしつつも、レンズは今の手持ちで満足してるところなので悩ましいところです!

あとは社会人3年目生活に慣れてきたらX-Proシリーズも試してみたい!っていうのが自分の目下の目標です!Pro3の趣味性に全振りした感じがすごく使ってみたいな〜と思うんですよね!その頃にはPro4も出ているでしょうしブログも仕事も頑張らねば!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする