ダイソー抗ウイルスシートレビュー | 折り曲げづらい!

最終更新日

Comments: 0

こんにちは!本日も「humuhumuBlog~ふむふむブログ~」をご覧頂きありがとうございます!

今回の記事ではダイソーの抗ウイルスシートのレビューです。他のメーカーのものとの比較もしてみます!

先日ハイロジック TQOOL抗菌シートを家のスイッチ、ドアノブに貼り付けてみたのですが、少々足りず。ほとんどの場所に貼ったのに一部足りないことが無性に気になってしまいました。

そんな時にたまたまダイソーに行ったら2枚1セットの抗菌シートを発見!サイズ感もちょうどよかったので追加で購入することにしました。

ハイロジックの抗菌シートと同様にどの程度効果があるのかは分かりませんが
今回の記事でダイソーの抗ウイルシートの特徴と使い勝手をまとめてみます。

一応こないだ買ったハイロジックの抗菌シートの商品リンクを貼っておきますね!

ダイソー 抗ウイルスシート

今回購入した抗菌シートは100均でお馴染みのダイソーのものです!

私が行った店舗ではでは以下の3パターンで販売されていました。

14mm×20mm 28片
20mm×27mm 15片
70mm×100mm 2枚
種類

今回私が購入したものは「抗ウイルスシート 70mm×100mm 2枚」です。

商品名通り2枚の抗菌シートが入っていて、そのままの大きさで使うのも良し。お好みの大きさに自分でカッティングして使用することが可能なタイプです。

「14mm×20mm 28片」「20mm×27mm 15片」はすでに小さくカットされているものなので初めから電気のスイッチに貼ろうと思っている方はそちらでも良いかもしれないですね。

見た目と使い方

ハイロジックの抗菌シートと同様に見た目は半透明で、触り心地としてはサラサラしています。マットな質感というやつですね。

使い方もハイロジックの元と同じく背面のテープを剥がしてして貼り付けます。粘着力に関しても問題なさそう。スイッチを押しても剥がれない程度の粘着力はありますね。

気になる所

一言で言うと

折り曲げづらい。

そのため、ドアノブなどの立体的なものに貼り付けるのは非常に難しいです。貼り付けられなくはないけどかなり汚い仕上がりになってしまいました。

ダイソーのシート

ハイロジックのものも中々折り曲げづらかったのですが、ハイロジックのシートが全然折り曲げやすかったと思えるほどそれよりも折り曲げづらいです。

ハイロジックのシート

ダイソ&ハイロジックの大きさ比較

大きさの比較としてはこんな感じです。

A4サイズは210x297mmなのでダイソの70x100mm2枚入りを4.5セット購入すると大体同じくらいの大きさになりそうです。

単純にダイソーのシートとハイロジックのシートの効果が同じだと仮定した場合は、ダイソーの方が約6割程度の抑えられるのでお値段的にはダイソーのものがお得ですね。

お値段と折り曲げやすさどちらを取るべきかですね。

まとめ

ドアノブなど立体的なもの → ハイロジック

イッチなどの平面 → ダイソー

ハイロジックのものも立体にシートを貼りつけるのには少々硬いですが、それでもダイソーの抗ウイルスシートよりかはかなり折り曲げやすいのでの感じで用途に合わせて購入するのがベストだと思います。

もし抗菌シートの購入を検討されている方は試してみても良いと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする