macOS Monterey 12.2へアップデートしてみました! | Universal Controlは未対応!?

最終更新日

Comments: 0

こんにちは!本日も「humuhumuBlog~ふむふむブログ~」をご覧頂きありがとうございます。

今回の記事では今まで散々渋ってきたMacOS12 Montereyにアップデートした理由についてです!

数日前,1/27にIntel/Apple Silicon Macに対し、既に悪用された可能性のあるゼロデイ脆弱性を修正した「macOS 12.2 Monterey」アップデートをリリースしましたが、

同時にセキュリティサポートを続けている「macOS 11.6.3 Big Sur」および「macOS Catalinaセキュリティアップデート2022-001」、「Safari 15.3」をリリースしました。

バグや未対応のアプリがある事から半年近くOSアップデートは渋っていたのでMacOS12.2MontereyではなくmacOS 11.6.3 Big Surにアップデートする方法を記事にしたくらいです!

ですが、幾つかの理由が重なった結果アップデートしちゃいました。今回はその理由というか言い訳です。

理由

1 | 卒業設計の合格が決まったため。

いくつかの記事を読んでくださっている方ならご存知の方もいると思いますが、私実は建築学科の学生なんです。

OSアップデートで1番の問題は未対応アプリがある事です。建築で使うのだとTwinotionがMacOS12 Montereyに未対応なんです。(Big Surは対応してます)

TwinotionはタダでさえAppleシリコン搭載のMacを推奨してないのにOSまで未対応のものにするのはハイリスクだったのです。

過去記事|M1 Mac 建築で使うアプリ対応まとめ

しかし、晴れて卒業設計も終わったので1度試してみるのもありかな〜と思ったんですよね。

M1 MacBook Airは発売直後から使用しているのですが、当時M1非推奨、MacOS11 Big Surに未対応の状況でも若干挙動が怪しいながらにレンダリングできていたので試してみる価値はあるかな〜と思ったのです!どうしても動かなかったらBigSurに戻せばいいですしね!

それに「Big Sur → Monterey」は「Catalina→ Big Sur」ほど変化も少なそうですしね。

何はともあれアップデートしちゃったのは仕方ないので

建築系アプリがしっかり動くのか検証もやってみたいと思います!

2 | おうち時間増えて暇になってしまったため

例の感染症の濃厚接触者になったため10~14日ほど自宅いないといけなくなってしまいました。

せっかくお家にいなきゃいけない時間がかな〜り増えて暇なので軽い気持ちでアップデートしちゃいました!

皆さんも感染症にはお気をつけてくださいね

3 | Universal Control(ユニバーサル コントロール)の対応が近いため

Universal Control(ユニバーサル コントロール)の対応が近い?!ということは

Universal Control(ユニバーサル コントロール)にはMacもiPadにも未実装

なんです。

最近、色々なYouTuberがUniversal Controlがついに来た!試してみた!

うぉー!すげーって言ってますがまだ正式なリリースではないんです。

画像を見るとベータ版と書いてあります。

そのため、Monterey12.2では何度クリックしてもチェックボックスを付けることができないんです!

概要欄に小さくベータ版と書いてあるだけで、サムネやタイトルでは一見正式リリースされたとも見えてしまうので注意が必要です!

ですが、ベータ版のMonterey12.3とiPadOS15.4で対応しているということは1~2ヶ月後にはリリースの可能性があるという事です!

元々Universal Controlが来たらアップデートして見ようと思っていたので、時間もあるしMontereyになれるという意味でアップデートしてみました!

まとめ

色々な理由をつけたけど、なんだかんだ言ってワクワクです。

Montereyが気になる人はs¥まだアップデート早いとは思いますが、試しに入れてみるくらいならいいと思います!

今後私が使ってきた建築系アプリやAffinity Designerがちゃんと動くか検証をしたいと思うのでぜひそちらも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする