【スナップ撮影】雨の東京駅だけでも写真を楽しめる

00_カメラ/写真
スポンサーリンク

こんにちは!本日も「humuhumuBlog~ふむふむブログ~」をご覧頂きありがとうございます!

今回は雨に東京駅を被写体に幾つか写真を撮ったのでその写真をまとめます。

本ブログはガジェットや写真などの雑記ブログなのに、最近モノのレビューがだんだんと減ってきている気がしますが、今回も写真関連です。

東京駅で買い物をするついでに、ポケットサイズのコンデジ、「SONY RX100 初代機」で東京駅で写真を楽しみました!

今回は視点を変えるれば東京駅だけのスナップでも十分楽しめますよ〜という内容です。

視点を変えることを意識してみる【スナップ写真あり】

東京駅はそもそも駅舎自体が魅力的な建築物です。
日本で最もオシャレな駅舎の1つと言えるのではないでしょうか。

当然撮影スポットとしても有名なわけですが、有名な撮影スポットがあるということは、どこかで見た似たような写真を生み出しがちになってしまいます。ではいくつか方法はあると思います。

例えば以下の三つですね

・視点を変える
・レンズを変える
・小道具を使う(ストロボなど)

このうち、特に身軽にできるのは「視点を変える」なわけですが、

東京駅は視点を変えるアプローチが非常にしやすく、創意工夫がしやすく楽しめる撮影スポットなのです。

*創意工夫をしてもありがちな写真になる事も多々ありますが、被写体のいろんな表情を楽しめるので楽しいですよ。

これにはいくつかのアプローチがありまして、複数のパターンで普段とは少し構図で撮ってみるのを意識してみました。

例えばKITTE屋上から撮るとき。

※KITTE屋上に行ったことがある人はわかると思いますが屋上に出てすぐ、手すりの左端がカメラも固定しやすく盛れるスポットだと思いますが、雨の日で手すりが濡れているので手持ち撮影してます。
広角で撮るKITTE屋上からの東京駅と丸の内ビルが取れますが、どこかでみたような写真ですよね。
同じKITTE屋上でも視点を変えてみます。まさに文字通り”視点”を変えます。

その他にもせっかくの雨天だったわけなので、手すりに滴る水滴にあえてピント合わせをし、東京駅はシルエットだけで捉えて見ました。

屋上のテラスも含めて撮ってみます。屋上に上がるとついつい東京駅や周辺のビル群に目が行きがちですが、テラスの方にも注目してみます。

ついつい見落としがちしがちな場所にも良さそうな撮影ポイントが転がってますね!手すりからの間接光を雨が反射して綺麗でした。

その他、地上で撮影する場合はこんな感じに正面から撮りがちですよね。

こう言った正面からの構図も定番構図なだけあってカッコ良いですよね。

東京駅の光が雨に反射していて素敵です。

ですが、これだけでなく、あえてサイドから取ってみたりすると、正面から見た時とはまた別の幻想感があります。

まとめ

今回の写真は以上となります。

有名スポットに行くとついつい同じような構図だけを撮りがちですよね。もちろんそれも楽しいですが、歩いて撮影場所を探したり、目線を変えたり。ただこれだけのことで素人な私でも有名スポットでの撮影のバリエーションが増え、楽しさも倍増しました!

いつもありがちな写真ばかりになってしまう、有名スポットはつまらないから行かない、という方は視点を変えることを意識してみてはいかがでしょうか。


他にもこんな記事を書いてます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました