神田伯刺西爾 | 古き良きレトロカフェで極上のコーヒーとケーキを!

30_おいしいご飯/カフェ
スポンサーリンク

こんにちは!本日も「humuhumuBlog~ふむふむブログ~」をご覧頂きありがとうございます!

今回は神保町にあるカフェ神田伯刺西爾(ぶらじる)についてです。

本の街のレトロなカフェ

神田伯刺西爾(ぶらじる)は名前に神田とついていますが、神保町が最寄駅のカフェです。

駅からは徒歩2〜3分程度で、靖国通りから神田すずらん通り方面へ一本入ると、「ぶらじる」という暖簾(のれん)の文字をかがげているカフェです。

お店の外観もなんだか年月を感じさせる、味わいのある佇まいです。

それもそのはず!神田伯刺西爾は、1972(昭和47)年にできたお店みたいです。

お店の名前には自家焙煎珈琲専門店とあり、コーヒーにこだわっていて、厳選した豆を生豆(焙煎前)の状態で仕入れて、直火式焙煎機で焙煎しているんだとか!
オーダーがあってから豆を挽いてくれるから、香り高いコーヒーが味わえます。!

外観、雰囲気、名前からなんだか楽しみと期待がふくらみます。

*お店話地下にあります。

神田伯刺西爾は喫煙席と禁煙席がどちらもあます。入口の階段を降りたすぐそばに会計のカウンターがあって、左右に通路が伸びてます。右手が禁煙席、左手が喫煙席みたい。

喫煙席はどれくらいあるかわかりませんが、禁煙席は僅か4組分の座席だけでした。

なので、すぐに店内に通されるわけはなく、階段沿いで順番待ちです。

喫煙席だと割とすんなり入れるみたいですが、禁煙席は雨の15時くらいの時間帯でも30分くらい待ちます。

こだわりの自家焙煎コーヒーとチョコケーキ

注文したのはコーヒー+ケーキのセット 900円(※ドリンクが紅茶の場合は950円)

注文したコーヒーは仏蘭西ブレンド、ケーキはチョコレートを使用したコニャックショコラです。

とにかくコーヒーのほろ苦い香りがたまりません! ケーキも美味しそう。

仏蘭西ブレンドはもちろん「苦味が強い」なんだけど、ただ苦いだけじゃなくて、その奥にコク深い味わいを感じられました!
苦いけど美味しいはまさしくこれのことって感じです。

カフェ写真

まとめ

今回のブログは以上となります!

コーヒーやケーキが美味しいのはもちろんなのですが、レトロな雰囲気がより一層美味しさを増してくれます。

聞くところによると内装や小物は創業から手が加えられていないとか。

タバコを吸う・吸わないに関わらず、こだわりのコーヒーとスイーツをレトロな空間で味わえ、一日のひと時をちょっと特別に過ごせる貴重なカフェ!というより喫茶店です!

神保町界隈には珈琲専門店や喫茶店が多数あリマスが、この店は知っておいて損は無いです!絶対に!
私も、また訪問したいと思します。


写真は「FUJIFILM X-E4」で撮影してます。

他にもこんな記事を書いてます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました